知っておきたい挙式のポイント!流れから披露宴との違いなどまで詳しく解説

このサイトは知っておきたい挙式のポイントをご紹介しています。
結婚式の流れから披露宴との違いなどまで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
結婚式のスタイルを選ぶときのポイントにも触れています。
キリスト教式や神前式、人前式などで迷ったときにはきっと参考になるはずです。
それから結婚式の会場を決める前に確認するべきポイントも紹介しています。
いくつかの候補の中から、自分たちに合ったものを見つけるためにも知っておきたいところです。

知っておきたい挙式のポイント!流れから披露宴との違いなどまで詳しく解説

結婚式を検討しているけれど、挙式と披露宴の違いがよく分からないという人もいるのではないでしょうか。
そのような方向けに解説します。
結婚式という言葉は一般的に挙式と披露宴をひっくるめたものを指していることが多いですが、挙式のことを結婚式と呼んでいることもあります。
また披露宴のことを結婚式と呼んでいるケースもあるため、混乱しがちです。
様々な呼ばれ方をしていますが、それぞれの異なる点を知っておけば迷いにくくなるはずです。

結婚式の挙式はどんな流れでおこなわれる?

結婚式をしたいけれど、挙式の流れが良く分からないという人もいるのではないでしょうか。
ここでは一般的な挙式の流れの一例をご紹介します。
キリスト教の結婚式場合には、まず新郎がチャペルに入場します。
そして牧師と共に待っているところへ、続いておこなわれるのが新婦の入場です。
このときには新婦に親族の1人が付いて入場するのが特徴です。
それから牧師のお話があったのち、指輪の交換をおこないます。
結婚証明書に新郎新婦が署名を書き入れてウェディングキスを終えたら退場となります。
神式での神前式の場合には、はじめに参進の儀で神殿に向かい入場したら修祓の儀という清めの儀式です。
次に祝詞が読み上げられ三々九度の盃という儀式をおこないます。
その後には新郎新婦の指輪の交換、誓いの言葉を読みあげる誓詞奏上と続き、神への捧げものをする玉串拝礼となります。
巫女の舞や親族でお神酒を頂く儀式をしたのち、最後に神職の挨拶があり退場です。

ウェディングでの挙式と披露宴の違いとは

一般的な結婚式には挙式と披露宴がありますが、これらの2つはどのような違いがあるのか分からないという人もいるのではないでしょうか。
どちらもまとめて結婚式と呼んだりどちらか一方のことをさしていたりすることもあるため、曖昧に思われがちですがこれらはそれぞれ異なる意味があります。
ウェディングでの挙式は、結婚をする二人が夫婦になることを誓うための儀式のことです。
キリスト教式や神前式・仏前式それに人前式などがありますが、それぞれ神仏や参列者の前で結婚を誓うという内容になっています。
一方、披露宴というのは結婚相手を集まった人たちに披露し祝うための宴会のことです。
新郎新婦の家族や親族、それに友人や仕事関係者などを招待して行われます。
ウェディングといえばこれらの2つをセットでおこなう場合が多いですが、それぞれ別の日におこなったりどちらか一方のみであったりすることもあります。
結婚式と披露パーティをどのようにするかはそれぞれのカップル次第です。

結婚式を挙式のみで済ませるメリット・デメリット

近年注目されているウェディングスタイルに挙式のみを行うものがあります。
結婚式は規模が大きくなればなるほど費用はかさんでいき、平均すると約300万円ほどかかります。
さらにどのような料理にするのか引き出物はどうするのか、など様々なことを考えなくてはならず、事前の準備段階でお互いの意見が衝突してしまうこともあります。
挙式のみの結婚式においてはゲストにかかる費用がほとんど必要ないことから20万円程度で挙げることができ、さらに事前の準備は大変少ないです。
本当に親しい人と行うためアットホームな場にできるのもメリットになります。
デメリットは挙式のみのため華やかさはありませんし、ゲストからご祝儀をいただくこともありません。
またのちに挨拶が必要となることも多く、二度手間になることもあります。
挙式のみで行う場合は挙式に招待しない人への挨拶をどのようにするかを考えることが大切であり、事前に決めておくことで結婚式後の生活をスムーズにスタートすることができます。

挙式に使われることが多い会場の種類

結婚式をしたいけれど、挙式にどの会場を利用すれば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。
挙式に使われる代表的なところには、キリスト教のチャペルや神社の神殿が挙げられます。
チャペルではキリスト教式や人前式、神社の神殿では神前式がおこなわれています。
これらは一般の教会や神社にあるところを使用することもありますが結婚式のための設備がある専門式場やホテル、ゲストハウスなどをつかうことも少なくありません。
専門式場は結婚式をするための施設で、挙式場と披露宴会場が備わっています。
ホテルは宿泊施設があるだけでなく、チャペルや神殿が備わっているほかバンケットルームもあり結婚式が出来るようにっている場合が多いです。
ゲストハウスにはチャペル付きのところがあり、そういったゲストハウスでは挙式から披露宴までをすることができます。
宗教儀式をせずに参列者に結婚を誓う人前式は、宗教設備のない施設でもすることが可能です。

著者:錦織紘

筆者プロフィール

富山県富山市生まれ。
ドレススタイリストとして結婚式場に勤務。
自分の経験をもとに挙式に関するコラムを執筆しています。
富山で挙式のみ挙げるならこちら